喫茶美術館での 音楽の集い・イベント

  

 

           集い・イベントのお申し込み・お問い合わせは、                       

                       06-6725-0430(TEL/FAX)  または waneibunkasha@yahoo.co.jp にて承ります。 

 

→ 喫茶美術館の集い・イベント

 

→ 民藝を知る会

→ 須田剋太を知る会

→ 人間を知る会

→ 音楽の集い・イベント

   → 文学の集い・イベント    

 

   → ホーム              

 

◆◆ 生音楽のある日 ◆◆

 

      スケジュールは→こちら

 

 ◆◆ ◆◆ ◆◆ ◆◆ ◆◆  

  

 お申し込み・お問い合わせは

 waneibunkasha@yahoo.co.jp

   

 

→こさかJAZZストリートのHP

 

 

 

 

これからの集い・イベント

ただいま計画中!

 

 

 

これまでの集い・イベント

 

2016年9月24日(土) 

今里哲

平和への祈り、コンサート

PM 2:00 開演 (1:30受付)

2000円 (1ドリンク付)

全日貸

定員40名(要予約)

反戦平和反差別を語る

司会: 三木輝雄

講師: ・愛沢革(尹東柱朗読)・李信恵(ヘイトスピーチ裁判)

相可文代(教科書問題)・丁章(詩人)

今里哲コンサート

演目・赤いポスター、闊歩、香港・他

 

 

 

2016年7月27日(水) 

趙博(パギやん) & ポール・ガラン

ジョイントライブ

東アジアの平和と民衆連帯を歌う!

PM7:00開演 (6:00受付)

3000円 (1ドリンク付)

全日貸

詳しくは→こちら

 

当日の様子は→こちら

 

 

2015年12月5日(土) 

趙博(パギやん)

喫茶美術館・特別ライブ

春間げん(ピアノ・アコーディオン)

PM3:30開演 (3:00受付)

3000円 (1ドリンク付)

全日貸

詳しくは→こちら

 

 

 

 

2015年10月11日(日) 東大阪こさかJAZZストリート2015

喫茶美術館が「こさかJAZZフェスタ」の会場になりました。

詳しくは→こちら

 

 

2015年5月17日(日) 

李政美

喫茶美術館コンサート2015

竹田裕美子(ピアノ・アコーディオン)

矢野敏広(ギター・マンドリン)

PM2:00開演 (1:30受付)

前売3500円 (当日4000円)1ドリンク付

さらに詳しくは→こちら

 

 

2014年10月12日(日) 東大阪こさかJAZZストリート2014

喫茶美術館が「こさかJAZZフェスタ」の会場になりました。

詳しくは→こちら

 

 

2013年10月13日(日) 東大阪こさかJAZZストリート2013

喫茶美術館が「こさかJAZZフェスタ」の会場になりました。

喫茶美術館でのプログラム

12:00
柳井龍成(Ds)、横川卓司(G)、浦田和史(B)
13:00
高田英子(Vo)、箕作元総(G)
14:00
三田浩司カルテット 三田浩司(Ts)、嶋岡聖子(P)、石井 亮(B)、橋田正和(Ds)
15:00
森井恵里子(Vo)、内藤貴子(P)
16:00 
BassBassBass ざ 低音一家 廣田昌世(B)、岡田亜矢子(B)、中島教秀(B)
17:00
松岡則幸(ケーナ)、熊渕晴夫(G) ※ジャズ・ポップスをケーナ演奏

参加者107名

 

2013年5月25日(土) 

李政美・安聖民 ジョイントコンサート

矢野敏広(ギター・マンドリン)

PM7:00開演 (6:30受付)

前売3500円 (当日4000円)1ドリンク付

詳しくは→こちら

参加者60名

 

 

 

◇ 2012年9月23日(日) 東大阪こさかJAZZストリート2012

喫茶美術館が「こさかJAZZフェスタ」の会場になりました。

参加者143名

 

喫茶美術館での演奏者たち

12:00 戸田 裕美(Vo)
竹下 清志(P)

 

13:00 服部 利一(Ts)
志水 愛(P)
枝 信夫(B)
石川 潤二(Ds)

 

14:00 内桶 晶子(Vo,P)
森井 恵里子(Vo)

 

15:00 戸田 裕美(Vo)
竹下 清志(P)

 

16:00 生島 裕文(P)
廣田 昌世(B)
荒田 昭道(Ds)

 

17:00 松岡 則幸(ケーナ)
ミドルノート
熊渕 晴夫(G)
熊渕 安映(Vo)

 

 

◇2011年 9月18日(日) 東大阪こさかJAZZストリート2011

喫茶美術館が「こさかJAZZフェスタ」の会場になりました。

参加者 100名  

 

喫茶 美術館

プログラム

 

 

12:00 上方さにん花(沖縄民謡)    
13:20

高原 かな(Vo)

パク ヨンセ(P)

 

14:40

廣田 昌世(B)

生島 裕文(P)

水上 洋(D)

 

16:00

松岡 則幸(ケーナ)

あやこ モブリ(P)

   
 

 

 

 

 

 

 

 

◇2010年9月19日(日) 5:00〜7:00 東大阪こさかJAZZストリート2010

喫茶美術館が「こさかJAZZフェスタ」の会場になりました。

参加者 40名 

 

 

 

◇2010年6月20日(日) 3:00〜 今里哲 新曲「闊歩」お披露目コンサート

参加者 50名

 

  imazatotetu.jpg

 シャンソン歌手・今里哲

    新曲「闊歩(詩・丁章 曲・吉田幸生)

          お披露目コンサート

 

 日時 2010年 6月20日(日) 

          午後3時から

 会場  喫茶美術館 (定員70名)

 参加費 4000円(1ドリンク付)要予約 

 

  今里哲さんと新曲「闊歩」について

                       丁章

 

 今里哲さんは、在日二世であり、本名は鄭哲(チョン・チョル)といいます。

 岐阜大学入学時に、それまで名乗っていた国田哲夫という通名を棄て、在日として生きる覚悟をしました。

 また、哲さんはゲイであり、そしてシャンソン歌手として生きています。「今里」というユニークな名は、歌手として生きることを表明する芸名です。

 三年前の或る日、私のもとに一通のラブレターが届きました。猪飼野でブティックを営むマダムから勧められるままに読んだ私の詩が、哲さんの魂に「ドン!」と来たと、そう記されていました。

 当時私は、徐文平さんが闘っていた在日社員本名裁判の支援会の世話人をしていましたが、支援会代表の三木輝雄さんから、支援者の中に在日でゲイでシャンソン歌手の今里哲という素敵な人がいるとかねてからお聞きしていたので、その哲さんから手紙をもらったときは、とても驚きました。

 その後しばらくして、哲さんは喫茶美術館に私を訪ねてくれました。そしてこの喫茶美術館で丁章の詩に曲を付けた歌を唱いたいという熱いラブコールを、哲さんは私に送ってくれました。もちろん私はそのラブコールを受けることにしたのです。

 詩人にとって自分の詩が歌になるということは、この上なく至福なことにちがいありません。

歌には人々をつなぐ大きな力があります。人々の心の奥深くにまで届き得る歌によって、自らの詩が人々に共有されることを詩人はみな望むものです。

 ただ、私の場合、これまで書いてきた詩が散文詩であるため、その散文詩に曲を付けて歌にすることは難しいのではないか、と考えていました。これは私に限ったことではなく、戦後の在日同胞の詩のほとんどが散文詩であり、そのことが在日の詩による在日独自の歌を産み出しにくい要因となっているかとおもいます。

 しかしこのたび、ピアニストの吉田幸生さんが、私の詩に曲を付けてくれました。これは在日の作曲家の中でも容易には為し得られなかったことです。新曲「闊歩」の完成は、このように多少なりとも歴史的意味を持つ出来事ではないかとおもいます。

 そしてこのたび在日の今里哲さんが、在日の詩による歌を、喫茶美術館で初めてお披露目してくれます。

 じつは私もまだ新曲「闊歩」を聴かせてもらっていません。このたびのコンサートは、私にとってもまさに哲さんから初めてお披露目いただくコンサートなのです。

 今里哲さんの新曲、在日の新たな歌の誕生のときを、どうかみなさまにも立ち会っていただければと願っております。

 今里哲・新曲「闊歩」お披露目コンサートへのご参加を心よりお待ちいたしております。

     (このコンサートは終了しました)